広島市佐伯区の医療法人青葉会 しらたきクリニックです。内科,消化器科,呼吸器科,循環器科,胃腸科に対応しています。

  • HOME
  • 経鼻内視鏡
経鼻内視鏡

経鼻内視鏡 = 鼻から入れる胃カメラです

最初はえっ?と思われるかもしれませんが、終わった後には皆さん口からよりもずっと楽!もう口からのむのはしんどい!と言われることがあります。

なぜ楽なのか?

胃カメラが、鼻孔から鼻道を通って咽頭を下り食道へ入っていきますが、この時に「胃カメラが直接舌の付け根に触れない」ため、「オエッ」となることが、ほとんどありません。鼻からの挿入時にも、鼻の穴からゼリー状の局所麻酔剤を注入したうえで細い「直径5.9mmの胃カメラ」を使いますので挿入時の痛みはほとんどありません。

検査を受けていただくためには

鎮静剤の注射を行うということは意識レベルを下げて苦痛を感じにくくすることです。意識が低下するとどうなるでしょうか?

  1. 胃カメラのときに自分の胃の中が見られない。
  2. 医師の説明がきけない。
  3. 医師とのコミュニケーションがとれないのです。

せっかく鼻から胃カメラを入れるのですから検査中に話ができるというメリットがあります。

リスク軽減のために

胃カメラの場合、意識レベルが低下すると内容物を嘔吐することがありますが、これは問題です。ノドのところでの反射が鈍くなるため、胃の内容物(胃液など)をまちがって気管に吸い込む危険性が出てくるからです。もし気管の中に胃の内容物が入り込むと、誤嚥性肺炎という重篤な肺炎をおこす可能性もありますが、鼻から入れる胃カメラであればその問題はほとんどなくなります。

メリット一覧

  1. 舌根部に胃カメラが直接触れないため咽頭反射が起きにくい。
  2. 経鼻のため、検査中も会話が可能なため、検査医師とのコミュニケーションがとりやすい。
  3. 検査にとっても、口からの胃カメラに比べ検査に余裕が生まれるので、あせることなく十分な観察が可能。

注意点

予約なしでも、当日電話をして朝食を食べていなければ当日の昼までに胃カメラができます。(ただし、予約の方が優先となりますので少しお待ちいただく場合があります。) ※機器の洗浄の都合がありますので、来られる前に当院への電話をお願いいたします

医療法人青葉会 しらたきクリニック
TEL 082-926-4811
FAX 082-926-4812